印刷

教育目標・生活目標

教育目標
 
 教育基本法の精神に則って、教育目的の実現をはかるとともに、工業高等学校たる本校の特殊性を考えて、特に自律、協調、技術の3点を教育目標として掲げる。
 
1.自  律
 かけがえのない個性の尊さに目覚め、自己の創造的自発性を正しく伸し、真理探究の科学的知性と、正しい倫理的判断に基づき、進んで書をなす道徳的意志と、美しいものに憧れてやまぬ芸術的心情とを陶冶し、積極的な行いのうちにも自由奔放に走らぬ責任ある自律性を養う。
(1)科学を理解し、合理的なものの見方、実践の仕方を体得させる。
(2)すぐれた芸術を理解し、美的創造性と鑑賞力を発達させる。
(3)健康を増進し、広い教養と情操と知性との調和を図り、近代社会に適応できる円満高雅な品性を養う。
 
2.協  調
 自己の形成は共同生活を通してのみ行われ、他の個人もまた自己と等しい一個の人格的主体であることを実感する。平等を基調とする対人関係の真意を悟り、自他相共に和やかな社会生活を営む態度習慣を培う。
(1)他人の人格、立場および意見を尊重し、互いに協力する態度習慣を培う。
(2)公正で建設的な意見を冷静に表現する能力と、討議の決定には謙虚に従う寛容な態度を養う。
(3)社会の株序を重んじ、謙虚、友情、礼儀などの徳性を養うことによって、団体生活を明るく豊かにする生活態度を身につけさせる。
 
3.技  術
 現実は理想に導かれねばならず、また高く掲げた理想は日々の実践によってのみ具体化されることを自覚し、自己の職業に対する使命感にあふれて、工業人としての理想を現実と調和させうる有為な創造の人をつくる。
(1)工業の社会的、経済的重要性を理解し、工業技術者としての基礎的、専門的な知識技術を修得させる。
(2)自己の個性と能力とを十分に発揮し、創意工夫の能力を伸ばし、生産向上のために働くことに喜びを見出しうる態度習慣を身につけさせる。
 
生活目標

1.常に良い習慣を養い、心身ともに健康な生活を送ろう。
2.日々の学習に努力を傾け、教養を高め、技能を磨こう。
3.自らの生活に科学する心を生かして、向上の一路を歩もう。
4.誠実な心で互に協力し、明るく豊かな生活の場を築こう。
5.責任を重んじ、正しい判断に基づいて、すべてのことに当ろう。
6.職業を尊び、勤労を愛し、工業の発展に役立つ人になろう。
7.感謝の心をもって、進んで社会に貢献できる人になろう。
8.学校にふさわしい良い環境を互いに協力して作りあげよう。
 
 
〒184-8581 東京都小金井市本町6-8-9
電話 : 042-381-4141 ファクシミリ : 042-381-4169